コンテンツにジャンプ

トップページ > 各課からのお知らせ > 産業建設課 >平成30年産米の生産調整の取り組みについて

平成30年産米の生産調整の取り組みについて

更新日:2017年10月12日

 朝日町地域農業再生協議会にて、次年度の目標面積・品目等、生産調整の取り組みについて協議がなされ下記ファイルの赤表示箇所が集団転作予定地との連絡がありましたので、関係各位のご協力をお願いいたします。

 また、品種につきましては、全地区で小麦(あやひかり)の作付けを行いますので、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

 ご不明な点がございましたら、朝日町地域農業再生協議会事務局(朝日町産業建設課 TEL377-5658)まで、ご連絡ください。

 

対象圃場

地区が定めたブロックローテーションの内、平成29年度の作付けが水稲、または、保全管理であった圃場

地区が定めた永久転作田

 

◆播種条件

田起こし、畦草管理等、小麦播種ができるように管理されていること。

※上記に当てはまる場合でも、湿田がひどい、狭くて入れない等、小麦播種ができない場合もあります。

 

◆転作予定箇所

下記ファイルの地図において、集団転作予定箇所を着色表示しておりますので、ご参照下さい。

関連ファイル

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関する問い合わせ先

産業建設課
電話番号:059-377-5658
ファクス番号:059-377-4543