コンテンツにジャンプ

トップページ > 各課からのお知らせ > 教育文化施設 >博物館企画展「朝日のいにしえ ―縄生廃寺―」

博物館企画展「朝日のいにしえ ―縄生廃寺―」

更新日:2017年11月9日

 

開館20周年記念企画展

「朝日のいにしえ ―縄生廃寺―」

 

朝日町縄生に所在する「縄生廃寺跡(なおはいじあと)」は、昭和60年代に行われた発掘調査で舎利容器を伴った塔跡が発見され、全国的に注目を集めた古代寺院跡です。本展では、縄生廃寺と関連遺跡の出土遺物を展示。縄生廃寺の背景にある朝日町周辺の古代の歴史をご紹介します。

 

【主な展示品】

・縄生廃寺跡出土 舎利容器(文化庁蔵)

・伝吉山明兆筆「釈迦十六善神画像」(館蔵(寄託資料))

・飛鳥寺塔心礎出土品(奈良文化財研究所蔵)

・三彩枕(愛知県陶磁美術館蔵)

・久留倍遺跡出土品(四日市市教育委員会蔵)

・額田廃寺出土品(桑名市博物館蔵)

・員弁廃寺出土品(東員町教育委員会蔵) ほか

 

○基本情報

・会期   平成29年10月28日(土)~11月26日(日)

・開館時間 9時から17時まで(入館は16時45分まで)

・休館日  毎週月曜日、祝日、10月31日(火)

      ※11月3日(金・祝)は開館します

・会場   朝日町歴史博物館展示室(教育文化施設1階)

・入館料  無料

 

○関連事業

 記念講演会

「お釈迦さまの骨を拝む ―縄生廃寺跡出土舎利容器の歴史的位置づけ―」

・日時 平成29年11月12日(日) 14時~15時30分

・講師 上原 眞人氏(公益財団法人辰馬考古資料館館長、京都大学名誉教授)

 

お問合せ先  朝日町歴史博物館  電話059-377-6111

関連ファイル

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関する問い合わせ先

朝日町歴史博物館
電話番号:059-377-6111
ファクス番号:059-377-6112