コンテンツにジャンプ

トップページ 各課からのお知らせ 防災保全課北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について(更新)

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について(更新)

更新日:2019年1月16日

  北朝鮮弾道ミサイル発射時の全国瞬時システム(Jアラートの)送信地域及びメッセージが1月8日より変更したことに伴い、内閣官房の「国民保護ポータルサイト」の掲載内容が更新されましたので、お知らせします。

 

  • 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。仮に、北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合には、政府としては、24時間いつでも全国瞬時システム(Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。 New!

     
  • Jアラートを使用すると町の防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールが配信されます。なお、Jアラートによる情報伝達は、国民保護に係る警報のサイレン音を使用し、弾道ミサイルに注意が必要な地域の方に行います。 New!

メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください。

  1. 速やかな避難行動
  2. 正確かつ迅速な情報収集


【屋外にいる場合】

  • 近くの建物(コンクリート造り等頑丈な建物が望ましいが、頑丈な建物がなければ、それ以外の建物でも構わない)の中、又は地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難する。 New!
     
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠す地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】

  • すぐに避難できるところに頑丈な建物や地下があれば直ちにそちらに避難。それができなければ、できるだけ窓から離れ、できなければ窓のない部屋へ移動する 。 New!

 

 ~行政の指示に従って、落ち着いて行動してください~

 
 

〇詳細については、国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/をご覧ください。

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(PDF文書)

Jアラートによる弾道ミサイル情報の伝達に関するQ&A(PDF文書)

 

このページに関する問い合わせ先

防災保全課
電話番号:059-377-5610
ファクス番号:059-377-5661