コンテンツにジャンプ

トップページ 各課からのお知らせ 防災保全課平成28年度朝日町津波避難訓練の実施

平成28年度朝日町津波避難訓練の実施

更新日:2016年9月29日

避難場所の様子
【避難場所の様子】
資機材取扱い訓練の様子
【資機材取扱い訓練の様子】
アルファ化米試食会の様子
【アルファ化米試食会の様子】
講評の様子
【講評の様子】

 平成28年9月4日(日曜日)、朝日町津波避難訓練を実施しました。津波浸水区域の地区をAグループとし、津波に対する避難、本部との情報伝達、アルファ化米の試食を行い、津波浸水区域外の地区をBグループとし、家屋の倒壊による避難、本部との情報伝達、避難所運営、自主防災倉庫内の資機材取扱い、アルファ化米の試食を行いました。また、訓練には消防団も参入し、避難指示の広報巡回、避難場所・避難所への誘導、資機材取扱いの指導により、各自治区との連携を図りました。

今後は、訓練を通じて出た課題を見直し、継続して訓練を積み重ねることにより、更なる地域防災力の向上に努めてまいります。

1.目的

 大規模地震・津波災害がいつ起きてもおかしくない状況の中で、行政、自治区、町民が一体となり、連携を強化し、地域防災力の向上を目的としました。

2.日時

平成28年9月4日(日曜日)9時00分から正午まで 

3.訓練想定

東海・東南海・南海地震の3連動地震が発生(震度6強・マグニチュード8.7)したことに伴い、大津波警報発令。高台(JR関西線より西側)の指定緊急避難場所、指定避難所へ避難。 

4.参加機関

朝日町、各自治区自主防災隊、朝日町消防団 

5.参加者

785名

6.主要訓練項目

■Aグループ

津波避難訓練、情報伝達訓練、アルファ化米試食

■Bグループ

避難訓練、情報伝達訓練、避難所運営訓練、資機材取扱い訓練、アルファ化米試食

このページに関する問い合わせ先

防災保全課
電話番号:059-377-5610
ファクス番号:059-377-5661